宝塚歌劇団 膝の痛み

これもだいぶ前の話し(2009年)ですが、

宝塚歌劇団の男役の方が、

膝が痛くて、ステージの階段を下りる動作がツライとの

訴えで来院された。

瀬戸かずや

宝塚歌劇団 花組 瀬戸かずや さんです。

初診、治療回数 1回

東京公演の休養日だったので、
近くで治療院を探して来られました。

右膝に痛みを覚え、
無理に舞台を続けていたので、
右膝関節が硬くなり、可動域が悪く、
動かさない方がいいというような感覚を
無意識に持つので固めてしまったと思われる。
腰も少し捻れが出てきているようだった。

結構、
過酷な練習をするらしく、
やはり、オーバーユースになりやすいのでしょう。

膝を中心に、腰の矯正や調整をしました。

治療後は、ほとんど痛みを感じなくなり、
ビルの階段で登り降りをしてもらっても、
楽に動けるようになった。

踊りの時に、
右回りが出来なかったが、
これも楽に回転出来るようになった。

後の状況をはがきで頂いたのですが、
状態は良好とのお話しです。

宝塚・・・一度見に行きたいなぁ (^-^)/
頑張って下さいね。

(^O^)/

<追記>
あれから8年経ちました。
今でも宝塚歌劇団でがんばっていらっしゃる。
因みに、花組です。

矢作治療院 (^^)/

関連記事

  1. 何故、腰が痛くなるのか? 膝の不調で球が飛ばず、力むから腰を痛める・・…

  2. 慎重になりすぎ・・・

  3. 矢作治療院公式ブログ

  4. 転けたでしょ!? 頭に浮かんだのは、”すっ転ぶ”ビジョン 「転けました…

  5. 的確なアドバイスをするために、絶えずシミュレーションをしておく

  6. 感動!そして涙・・・ 〜トレーナーとして最高の仕事(夢)〜

  7. やっぱり想像力 (原因や治療法を見つけるには想像力が必要だ)

  8. 膝の治療 〜病院での治療は限界が低い、膝の治療は手をかけること〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。