治療の基礎になるもの 〜それは「正しい体」を知ること 知識や経験だけではない〜

治療の基礎になるもの

治療の基礎となるものは、知識や経験だけでは不足している。
必ず知らなければならないことは、「正しい体」である。

「正しい体」とは?

確かに、完璧な正しい体を持っている人はいない。しかし、それに近い存在はプロの中には多数いる。正しい体に触れる機会はさほどあるわけではないが、もし、機会があるならプロの体に触れるべきだろう。「正しい体」というのは、どこにも歪みや捻じれ、変形がない、力が入っていない自然な姿勢の体である。

そう簡単に完璧な体にお目にかかることはないので、どうするか。
完璧であると思われる体を想像することである。そして、治療、矯正、調整で完璧な体を創造するのである。

医療の現場だけでなく、学問的な(研究室みたいな)場所などで行われることは、計測や統計、数字化、映像を撮りコンピュータ解析とかなんたらをやって、「正しい体」を理解しようとするだろう。それで何が分かるというのだろうか?何も意味はないとまでは言うつもりはないが、恐らく理解できないだろう。

私でも、完璧な正しい体を作りあげることは不可能である。しかし、完璧に近いものは簡単に作ることは出来る。それは、多少なりとも関節に変形があるから、さすがに変形という物理的なものは治せないからだ。(人間の寿命が300歳くらいなら可能だろうけど)

つまり、「正しい体」というのは、学問的なものでは理解できないものであるけれども、想像の中では非常に簡単に作ることが出来るというものである。

この「正しい体」を知ることで、治療はその「正しい体」に戻す作業をすれば良いということになる。

 

医学本やマニュアルだけの知識だけでは、決して治すこと、正すことはできない。
それが、治療を行う者、治療される患者もまた、悩ませている事柄である。

 

矢作治療院

関連記事

  1. 左中間の打球落とすでしょ? 頭の中に浮かんだビジョンを唐突に聞いてみた…

  2. 的確なアドバイスをするために、絶えずシミュレーションをしておく

  3. 何故、腰が痛くなるのか? 膝の不調で球が飛ばず、力むから腰を痛める・・…

  4. やっぱり想像力 (原因や治療法を見つけるには想像力が必要だ)

  5. 転けたでしょ!? 頭に浮かんだのは、”すっ転ぶ”ビジョン 「転けました…

  6. Chip Beck 旭硝子ゴルフ in 1989

  7. そう、ここはあなたの最高の笑顔を思い出すところです by 矢作治療院

  8. 急性腰痛になったらまずやること

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。