感動!そして涙・・・ 〜トレーナーとして最高の仕事(夢)〜

過去記事(04/16/2016)ですが、感動したので再掲します。

時は、西暦20◯◯年・・・

 

世界的に女子プロ野球が認められるようになった。

日本もまた、男子プロ野球だけじゃなく、

女子プロ野球の方も人気が上がってきたところだ。

 

◯◯年のシーズンオフに、

第一回女子プロ野球世界選手権が行われていた。

場所は、日本の地方球場だったが、

大歓声に包まれ、日本代表は健闘した。

 

残念ながら、世界的に見て、

選手層はまだ薄く、世界の強豪の中では、健闘したが、

予選敗退が決まってしまった。

 

予選リーグ最終戦

敗退は決まっていたけど、日本代表は

この試合だけは勝つと誓い合い、試合に挑んだ。

 

私は、この日本代表のトレーナーを務めた。

 

みんな、どこかしこに故障を持ち、

こんなんでいいのかよ・・・という感じだったが、

どうにか勝たせてあげたい気持ちで

仕事にとりかかった。

 

中でも、最年長のキャプテン◯◯選手が、

右膝を傷めていて、苦しんでいたが、

前日に、この試合は、

「私にとって、人生最後の試合だから、

どうにかもたせてほしい・・・」と

トレーナー室に顔を出した。

 

私も持てる技術を尽くして調整した。

そして、試合は始まり、

 

彼女はどうにか、プレイを続けていたが、

試合は、8回裏で1対3で負けている。

 

8回裏 2アウト ランナー1塁、2塁

ヒットで一人返せるし、長打なら同点の場面・・・

 

彼女の最後となるだろう打席が回ってきた。

ユニフォームで隠れているが、

右膝のテーピングで太くなっているのが分かる。

 

痛々しいかぎりであったが、

最後になるなら、もう思いっきり行け!と叫んだ。

 

精神を統一して、

打席に向かう。

 

一球目は高めのボール・・・

二球目・・・思いっきり叩いた!

 

引っ張り過ぎでファールかぁ~~~と思ったが、

ライトの選手がフェンスまで追っていき・・・

見送った!!!

 

大歓声とともに、ベンチからすべての選手が飛び出し、

「やった!~~~~」の連呼!

打った彼女も、1塁を回ったところで、飛び跳ねている!

「おい、おい・・・」

ダイヤモンドを一周して、みんなにお出迎えされて

私も彼女とハイタッチをした。

 

まるで、サヨナラゲームのような騒ぎよう ^^;

 

そして、試合は、

9回表を抑え投手が締めて、勝利した。

 

選手、スタッフ全員で大観衆に挨拶をして、

みんなで抱き合い、これが第一歩だと、

今度は、決勝リーグに出て、優勝すると誓いあった。

 

彼女は、私の前に来て、

「先生! ありがとうございました。私・・・

最後の最後に、人生初のホームランを打てました!・・・」

 

涙ぐみながら・・・私ももらい泣きしちゃいました。

 

なでしこジャパンの岩清水梓選手に似た彼女は、

小兵ながら、ヒットを量産していたが、

現役中は、ホームランは1本も打てなかった。

 

それが、人生最後の試合、最後の打席で

起死回生の逆転3ランを放つことができた。

 

トレーナーとしてこういう場面に遭遇することが、

一番の楽しみであり、生きがいだと感じた。

 

 

これは、【夢】

今朝見た、夢です。

 

こんなことをトレーナー現役時代に何度も経験したが、

辞めた今でも、こういう夢を見ることが多く、

まだ未練があるのかなぁ~とか思ったりします。

 

そういう仕事がしたいのです。

自分の為でもあるけど、他人の為にどれだけ自分の

技術を提供できるのか・・・

 

日々、新しいものを吸収して、技術に磨きをかける。

それが、スポーツを愛する人たちの為になるなら・・・

がんばる!

 

今の女子プロ野球の選手たち、

頑張ってもらいたい。◯◯年には、きっと実現するでしょうね。

 

さつま地蔵

矢作治療院 院長 矢作晋

関連記事

  1. 左中間の打球落とすでしょ? 頭の中に浮かんだビジョンを唐突に聞いてみた…

  2. スカウトもビックリ ドンピシャリ 何でこんなに、いきなり変わっちゃった…

  3. やっぱり想像力 (原因や治療法を見つけるには想像力が必要だ)

  4. 急性腰痛になったらまずやること

  5. Chip Beck 旭硝子ゴルフ in 1989

  6. 足首は柔らかく

  7. 必殺!3分調整(^^)

  8. 慎重になりすぎ・・・

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。