何故、腰が痛くなるのか? 膝の不調で球が飛ばず、力むから腰を痛める・・・

先日、ゴルフで腰を痛めたという男性が来院されました。
わりかしアマチュアの競技ゴルフに参加している方なので、下手なゴルフをしているわけじゃないはずだから、どうしたらこのように腰を痛めるのか観察してみた。左打ちの方で、右膝をかなり痛めていると言うので触れてみると、若干変形しているのがわかる。腰は痛めたと言えども、そんなに捻れているわけではない。足を触っていたら、頭にイメージが湧いてきた。それで、患者さんに・・・
「飛距離が出ないでしょう!見る限り、球にはジャストミートして、真っ直ぐに飛んでいるはずだけど、球は飛ばないですね?」
「まさにその通りです。」「球は飛ばなくなりました。」
それで、力みが入り、何かの拍子で腰に負担がかかって痛めたという感じです。

右膝は、だいぶ昔に棚障害になったそうで、それから変形は始まったのでしょう。膝が緩んでしまってます。足首は問題ないので、膝さえ治めてしまえば、壁ができて、飛距離がでるでしょう。
腰は痛めているけれども、調整すれば問題なしです。

膝を重点的に矯正調整して、腰を調整して、ほとんど問題なしです。後は、膝を締めていくトレーニングをしばらくやればいいだけです。

治療後、ゴルフスイングをやってもらったら、「あっ、できる!壁ができます!」ってことで、また、腰の痛みも無くなりました (^O^)

毎日がこんな感じです。体を観れば、どういう球を打っているのかわかります。

 

矢作治療院

関連記事

  1. 腰痛について 〜腰痛って何ぞや?〜

  2. 治療の基礎になるもの 〜それは「正しい体」を知ること 知識や経験だけで…

  3. 感動!そして涙・・・ 〜トレーナーとして最高の仕事(夢)〜

  4. やっぱり想像力 (原因や治療法を見つけるには想像力が必要だ)

  5. スカウトもビックリ ドンピシャリ 何でこんなに、いきなり変わっちゃった…

  6. 左中間の打球落とすでしょ? 頭の中に浮かんだビジョンを唐突に聞いてみた…

  7. 腰痛で引退を決意したバレリーナ

  8. 的確なアドバイスをするために、絶えずシミュレーションをしておく

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。