スカウトもビックリ ドンピシャリ 何でこんなに、いきなり変わっちゃったんですか?

僕にとっては日常的なものだが・・・

夏の甲子園出場をかけた県予選が来月から始まろうとしている。この時期になると多くの高校球児が来院されるわけだが、その中で、スカウトが目を丸くしてビックリしていたというのを聞いた。

捕手である彼は、地肩が強く何チームかのスカウトが目をつけているということらしい。しかし、このところ地肩は強いが、セカンドスローがどうしてもそれるというので来院された。特に痛みなどは無いという。

さて、実際に彼を見るといい体格をしている。何がどう悪いのか・・・うつ伏せで寝てもらって診たら、腰が右に捻れている。ただそれだけ。
ただそれだけだけど、右に捻れているから、腰は回転させることが難しく、腕投げになり、しかもシュートがかかってしまうので、セカンドベースから右にどんどんそれていくのである。治すのは簡単である。

実際、治した後にセカンドスローの形をやってもらったら、腰はちゃんと回転し、肩も上がり、真っ直ぐに振り下ろすことができるようになっている。その後、学校のグランドで、セカンドスローの練習をやったら、ドンピシャでセカンドベース上に送球できるようになったと聞いた。

見に来ていたスカウトが、目を丸くして、監督に「何でこんなに、いきなり変わっちゃったんですか?」って聞いてきたそうです。(^^)

 

はいっ!私が治しました!

矢作治療院

関連記事

  1. 的確なアドバイスをするために、絶えずシミュレーションをしておく

  2. 腰痛で引退を決意したバレリーナ

  3. そう、ここはあなたの最高の笑顔を思い出すところです by 矢作治療院

  4. やっぱり想像力 (原因や治療法を見つけるには想像力が必要だ)

  5. 何故、腰が痛くなるのか? 膝の不調で球が飛ばず、力むから腰を痛める・・…

  6. Chip Beck 旭硝子ゴルフ in 1989

  7. 治療は「足」から

  8. 必殺!3分調整(^^)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。