院長プロフィール

矢作治療院 院長
矢作晋 (やはぎすすむ)

1960年9月 大阪市阿倍野区の通天閣が見える病院で生まれる。父(矢作義孝)の仕事が、近鉄バファローズのトレーナーであったことから小学校5年生まで近鉄の本拠地、藤井寺球場の裏の団地(春日丘公団住宅)に住んでいた。5年生の12月から奈良県生駒郡平群町へ引っ越し、中学まで過ごす。高校は日大三高に進学。日大三高では、ただ一人の準野球部員として当時の監督、小枝守監督に鍛えられる。高3の夏休み明けに日大三高を中退し、アメリカへ留学する。アリゾナ州 Scottsdale にある Judson School に留学し、アメリカの高校の単位を取得するのに2年費やす。その後、アメリカのESLクラスやアダルトスクールを転々とし、見切りをつけて帰国する。帰国後は、東京都新宿区の東京鍼灸柔整専門学校(現 東京医療専門学校「呉竹学園」)で鍼灸マッサージを勉強、国家資格を取得後に、西武ライオンズに、根本管理部長の計らいでトレーナーとして入団する。しかし、トレーナーの派閥争いで12月に戦力外通告を受ける。次に父が顧問であった大洋ホエールズに入団(父の代行みたいな状態で)するが、11月で辞表を出す。次いで、東京読売巨人軍(読売巨人軍)に正力亨オーナーによって入団する。その後19年間巨人軍で選手のサポートを完遂する。入団当時にいた選手で残っていたのは桑田真澄投手だけとなり、桑田選手が引退を決意していることを知って、自分も引き際と感じ、2006年に退団する。2007年4月に、日本橋に「矢作治療院」を開業し、一般の患者さんを対象に今までの経験を活かせるよう研鑽しています。 現在に至る。

簡単な自分の歴史を述べさせて頂きました。まだまだ波瀾万丈とまではいきませんが、これからが本番だと思っています。

よろしくお願いします。

 

 

<検索用学歴・職歴>
大阪府羽曳野市市立高鷲幼稚園
大阪府羽曳野市市立高鷲南幼稚園
大阪府羽曳野市市立高鷲小学校
大阪府羽曳野市市立高鷲南小学校
奈良県生駒郡平群町町立平群東小学校
奈良県生駒郡平群町町立平群中学校
日本大学第三高等学校
Judson School  Scottsdale, AZ.  U.S.A.
東京鍼灸柔整専門学校 本科II部
東京外語専門学校 通訳・ガイド科
西武ライオンズ
大洋ホエールズ
読売巨人軍
矢作治療院

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢作治療院

03-5203-0333
営業時間:
11:00~21:00 (平日、土)15:00~21:00 (日)
受付時間:
10:30~19:30 (平日、土)14:00~19:30 (日)
休診日:不定期(要確認)

矢作治療院からのお知らせ

  1. 2017/8/17

    サイトリニューアル
過去の記事

特集記事

矢作治療院公式ブログ twitter

矢作治療院院長


矢作治療院院長の矢作晋と申します。矢作治療院は、あなたの最高の笑顔を思い出して頂けるところです。腰痛、膝痛、肩痛だけでなく、プロ野球トレーナーの経験からスポーツ障害に対しても得意です。矢作治療院に来て良かったと言われるよう日々研鑽しております。ご遠慮なく何でもご相談下さい。よろしくお願いいたします。
院長プロフィール

2017年8月
« 4月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

趣味のブログ

  1. 2017-8-20

    今朝の夢をそのまま願望として受け取るか、宇宙のメッセージとして受け取るか・・・

    昨日、寝る前に「僕の過去世の一つを見せて下さい」とお願いして寝ました。 その夢が下記の通りです…
  2. 2017-8-15

    意識の拡大 〜忘れていた本来の人間の姿〜

    まだ上手く文章を書くことができません。 いずれ、慣れてきて書きたいことが、 スラスラと書けるよう…
  3. 2017-8-15

    過去に生きるのは男の性 〜過去は過去として一旦宇宙のメモリバンクに保管する〜

    確かに、僕は過去を引きずり、過去に生きてきたかもしれない。 ”過去に生きるのは男の性”とはいえ…
ページ上部へ戻る