急性腰痛になったらまずやること

急性腰痛(ギックリ腰など)になったら、まずやってもらいことがあります。

腰部に熱を持ち、腰部の筋力が極端に落ちます。その為に体を支えられず、激しい痛みを感じるんです。まず、やってもらいたいことは、冷やすこと。アイシングといいます。

氷が一番良いのですが、無ければ保冷剤でかまいません。ビニール袋にガサガサとたくさん入れて、袋を平にします。表面積を大きくするためです。それから、薄いタオル、手ぬぐいなどで巻き、患部に当てます。約20分冷やして下さい。

目安は、1時間に1回、20分です。20分冷やしたら、40分空ける。そして、また冷やす。お風呂は軽く済まして下さい。寝る時は冷湿布します。

 

筋肉の熱が落ち着きますと、力が出るようになります。まだ、痛みはあるでしょうけど、どうにか歩ける状態になると思います。

後は、もしよろしければご来院下さい。腰部筋肉の疲労の原因を取り省けば、しばらくは再発しません。

 

急性で、熱を持つ痛みは、まず、冷やすこと。

 

矢作治療院

関連記事

  1. 「歩きなさい」

  2. やっぱり想像力 (原因や治療法を見つけるには想像力が必要だ)

  3. 腰痛で引退を決意したバレリーナ

  4. 宝塚歌劇団 膝の痛み

  5. 治療は「足」から

  6. 腰痛について 〜腰痛って何ぞや?〜

  7. 慎重になりすぎ・・・

  8. 治療の基礎になるもの 〜それは「正しい体」を知ること 知識や経験だけで…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。