Profile

Director’s Profile

Director’s Profile
YAHAGI CLINIC Director
Susumu Yahagi

I was born in September 1960 in a hospital where Tsutenkaku in Abeno-ku, Osaka-city can be seen. Since my father (Yahagi Yoshitaka)’s work was a trainer of Kintetsu Buffaloes, I lived in the housing complex (Kasugaoka Public Corporation housing) behind the Kintetsu baseball field (Fujiidera Baseball Field) until the fifth grade. From 5th grade in December, I moved to Nara prefecture, Ikoma-gun, Heguri-cho, and I spend my junior high school days. I went to the third High School of Nihon University. At the High School, I was supervised by Mamoru Koeda who was the manager of the baseball team. I drop out of the third High School of Nihon University at the senior grade after summer vacation and study abroad in the USA. I studied at Judson School in Scottsdale, Arizona and spent two years to acquire an American high school unit. After that, I graduated from the ESL class in the US and the adult school, I went back to Japan with a close. After returning to Japan, studying acupuncture and moxa massage at the Tokyo acupuncture and moxibustion specialized school in Tokyo Shinjuku-ku, Tokyo (now Tokyo medical specialty school “Kuretake Gakuen”), after acquiring the national qualification, as a trainer at Seibu Lions with the roots of the fundamental manager to join. However, in December I received a discharge notice because of the trainer’s sectional quarrels. And then, I joined Taiyo Whales (one of the professional baseball teams) that my father was an adviser (in a state like the father’s substitution), but I will resign in November. Next, join the Tokyo Yomiuri Giants by a prosperous owner. After that 19 years he completed the support of the player in the giants. Only the Masumi Kuwata player who remained in the athlete at the time of joining became the only one who knew that Kuwata players decided to retire, I feel that I was also in touch and I leave the team in 2006. In April 2007, I opened “Yahagi Treatment Center (YAHAGI CLINIC)” in Nihonbashi and am studying to make use of our past experiences for general patients. It reaches the present.

I briefly described my history. I will study more for you.

Thank you.

院長プロフィール

矢作治療院 院長
矢作晋 (やはぎすすむ)

1960年9月 大阪市阿倍野区の通天閣が見える病院で生まれる。父(矢作義孝)の仕事が、近鉄バファローズのトレーナーであったことから小学校5年生まで近鉄の本拠地、藤井寺球場の裏の団地(春日丘公団住宅)に住んでいた。5年生の12月から奈良県生駒郡平群町へ引っ越し、中学まで過ごす。高校は日大三高に進学。日大三高では、ただ一人の準野球部員として当時の監督、小枝守監督に鍛えられる。高3の夏休み明けに日大三高を中退し、アメリカへ留学する。アリゾナ州 Scottsdale にある Judson School に留学し、アメリカの高校の単位を取得するのに2年費やす。その後、アメリカのESLクラスやアダルトスクールを転々とし、見切りをつけて帰国する。帰国後は、東京都新宿区の東京鍼灸柔整専門学校(現 東京医療専門学校「呉竹学園」)で鍼灸マッサージを勉強、国家資格を取得後に、西武ライオンズに、根本管理部長の計らいでトレーナーとして入団する。しかし、トレーナーの派閥争いで12月に戦力外通告を受ける。次に父が顧問であった大洋ホエールズに入団(父の代行みたいな状態で)するが、11月で辞表を出す。次いで、東京読売巨人軍(読売巨人軍)に正力亨オーナーによって入団する。その後19年間巨人軍で選手のサポートを完遂する。入団当時にいた選手で残っていたのは桑田真澄投手だけとなり、桑田選手が引退を決意していることを知って、自分も引き際と感じ、2006年に退団する。2007年4月に、日本橋に「矢作治療院」を開業し、一般の患者さんを対象に今までの経験を活かせるよう研鑽しています。 現在に至る。

簡単な自分の歴史を述べさせて頂きました。まだまだ波瀾万丈とまではいきませんが、これからが本番だと思っています。

よろしくお願いします。

 

<検索用学歴・職歴>
大阪府羽曳野市市立高鷲幼稚園
大阪府羽曳野市市立高鷲南幼稚園
大阪府羽曳野市市立高鷲小学校
大阪府羽曳野市市立高鷲南小学校
奈良県生駒郡平群町町立平群東小学校
奈良県生駒郡平群町町立平群中学校
日本大学第三高等学校
Judson School  Scottsdale, AZ.  U.S.A.
東京鍼灸柔整専門学校 本科II部
東京外語専門学校 通訳・ガイド科
西武ライオンズ
大洋ホエールズ
読売巨人軍
矢作治療院

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

矢作治療院

03-5203-0333
営業時間:
11:00~21:00 (平日、土)15:00~21:00 (日)

受付時間:
10:30~19:30 (平日、土)14:00~19:30 (日)
休診日:不定期(要確認)

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

特集記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. About Clinic

    矢作式手技整体治療法について 〜世界に唯一の治療法?〜
  2. About Clinic

    矢作治療院について
  3. What's New

    Website Renewal
  4. Profile

    Director’s Profile
PAGE TOP